Hypochlorous Acid

HOCl

人体が自らの体を保護し、癒すために作り出す酸化剤なのです。なぜ自然の殺菌剤とみなされているのか学びましょう。 

次亜塩素酸について - HOCl 

HOClとは何ですか? 

簡単な概要 

  • HOClは、マイルドな柑橘類のジュースと同様の弱酸である次亜塩素酸の科学的公式です。 
  • HOClはすべての哺乳類の白血球によって自然治癒と保護を促すために作られます。 
  • HOClは、細菌、真菌、およびウイルスの侵入を防ぐのに有効な強力な酸化剤です。 
  • 塩水の溶液に電気を流すことによってHOClが生成できることが、1970年代に発見されました。 
  • HOClは現在、医療、食品安全、水処理、および一般衛生の分野で使用されています。 
  • HOClはどのようにして作られますか? 

    電解の歴史 

  • Michael Faradayが電気分解の法則を確立し、1870年代に商業的に入手可能となりました。 
  • 塩水の電気化学活性化(ECA)によるHOCl生成のプロセスは1970年代に開発されました。 
  • 初期のECA技術では膜を用いて塩水をHOClとNaOHの2つの溶液を生成していました。 
  • 1980年代には、副生成物なしにHOClの1つの溶液を生成する単一のストリームシステムが開発されました。 
  • 最近では、この単一ストリームシステムが長期的に使用されるようになり、より安定した溶液を生み出せるようになりました。 
  • なぜHOClは病原体を殺すのにより効率的だといえるのですか? 

    次亜塩素酸(HOCl)対次亜塩素酸ナトリウム(塩素漂白剤) 

    次亜塩素酸イオンは負の電荷を持ちますが、次亜塩素酸は電荷を持ちません。 次亜塩素酸は速やかに移動し、数秒で細菌を酸化することができますが、次亜塩素酸イオンは同じ処理を行うのに30分かかります。 細菌の表面はマイナスの電荷を帯び、マイナスに帯電した次亜塩素酸イオンが細菌の表面の領域で反発しあい、 次亜塩素酸イオンは細菌を殺すのに効果を発揮しません。 2つの化合物の比は、水の相対的な酸性度(pH)によって決定されます。 水処理専門家は、細菌を効率的に殺せるように、次亜塩素酸をより多くなるようにpHレベルを調整することができます。 次亜塩素酸は、電荷を持たないため、細菌を取り囲む保護バリアをより効率的に浸透させることができます。 

    HOClの家庭での使用 

      家庭用電解システム 
    食塩と水を使って安定した次亜塩素酸を生成できる家庭用電気分解システムがいくつか開発されています。 蒸留酢を添加してpHを下げることで、次亜塩素酸分子が優位となり遊離塩素溶液を生成することが可能です。 家庭用システムを選択する際に考慮すべき重要な要素は、電解槽の品質です。 高品質のシステムは、より多くの費用を要しますが、水槽を製造するために使用される金属中の合金に耐久性がある場合、大変長持ちします。 

      メリットは何ですか? 
    次亜塩素酸は、塩素系漂白剤とは異なり、100%安全で非刺激性の物質です。 あなたの肌に触れたり、また、目に入っても、刺激はありません。 誤って飲み込んだとしても、全く無害です。 しかし、塩素系漂白剤よりも微生物病原体を殺す際、70〜80倍効率的に働きます。 

      それはどこで使用できますか? 
    家庭では、次亜塩素酸は消毒剤が必要な場所で効果を発揮します。ですが、私たちは、毒性化学物質を使用して快適に感じることはありません。 すばらしい使用例は台所です。水で緑色になった部分をすすぐ代わりに、次亜塩素酸を使用するのが効果的です。 また、歯ブラシやカミソリなどに使用しても、次亜塩素酸は安全だといえます。 衣類を損傷したり変色させずに洗濯物を消毒したい場合は、次亜塩素酸が最適です。 

    次亜塩素酸は通常漂白や変色の原因となりませんが、次亜塩素酸に触れると、低品質の色素が出ることがあります。

    HOClの商業的使用 

      膜細胞の電気分解 
    次亜塩素酸を生成する技術は、過去20年間の間に劇的に進化しました。 市場では、塩水を2つの別々の流れ、すなわち酸性の流れとアルカリ性の流れを生み出すために高圧を使用した膜電池電解が主流となっていました。 酸性の流れには、次亜塩素酸(HOCl)、陽極液または酸化剤が含まれ、アルカリ性の流れには、ナトリウム水和物(NaOH)、陰極液または還元剤が含まれます。 これらのシステムの利点は、消毒剤と脱脂剤の2つの有用な溶液が生成されることです。 これらのシステムの欠点は、高価であり、またメンテナンスが必要である点と、短期間で酸化還元電位(ORP)を失う可能性が高い不安定な溶液が生成されてしまう事でした。 

      単一細胞電解 
    単一細胞電解の発展により、これらの障害の多くは改善されました。 単一細胞電解は膜を横切る際、高圧を使用しないので、メンテナンスがほとんどまたは全く必要ないのが特徴です。 また、単一細胞電解は塩水に対し、酸化還元電位と相反するpHの2つの流れを強制的に生み出すことがないので 溶液は、平衡を取り戻そうとせず、より安定したものになります。 単一細胞系では、pH範囲が5〜7の陽極液のみを生成します。 このpH値の範囲は、次亜塩素酸が、殺菌剤としての安定性を維持し、有効性を発揮するのに最適マ状態だといえます。 

    高濃度の次亜塩素酸(> 200ppm)に長期間浸漬すると、ステンレス鋼も腐食する可能性があります。

    食品の安全性 

    次亜塩素酸の実用化に関する研究の大半は食品の安全性を必要とする分野で行われてきました。 2011年に食品安全近代化法(FSMA)が発行されて以来、食品の安全に関する焦点は、汚染への対応から予防へとシフトしています。 おそらく、次亜塩素酸以上に研究がなされ、理解されている食物用消毒剤は存在しません。 この研究では、次亜塩素酸が食品や食品の表面に接触する状況において、微生物数を感染レベル以下に保つために安全で効率的に使用できることを明確に示しています。 

      表面の衛生 

      次亜塩素酸対第四級アンモニウム(第四アミン) 
    第四アミンは食物に対して安全ではないため、次亜塩素酸は食物接触表面を衛生的に保つ場合、第四アミンなどの化学物質よりも利点があります。 第四アミンを使用する衛生措置が行われる場合、事前に、すべての食物をそのエリアから取り除かなければなりません。 次亜塩素酸を使用する場合には、このような措置をとる必要がありません。 次亜塩素酸は、食品が触れたかどうかにかかわらず、連続して使用することができます。 

      直接的な食品衛生 

      次亜塩素酸対オゾン 
    次亜塩素酸はオゾンに優る利点があります。 オゾンは気体であり、溶液中では安定していないため、接触面を衛生的に保つために使用することはできません。 オゾンは食品の衛生を保つために使用されますが、溶液が空気中に連続的に残されているので、継続的に再生する必要があります。 また、オゾンは肺や呼吸器に対し刺激を与える物質であるため、使用可能な濃度が限られています。 したがって、微生物病原体を死滅させるために得られる酸化電位が制限されます。 次亜塩素酸は非刺激性であり、溶液中でも安定しています。 次亜塩素酸は、後で洗浄する必要がなく、食品衛生を保つために高濃度(60ppm)で使用できます。 

    FDA食品接触通知1811は、生または加工された果物および野菜、魚およびシーフード、肉、家禽および卵に60ppmまでの次亜塩素酸を使用することを許可しています。 Sanitizing Leafy Greens
     EcoloxTech
       Learn more about HOCl