次亜塩素酸について 

次亜塩素酸の構造 
次亜塩素酸は、すべての哺乳類の白血球によって自然に生成されます。 それは、免疫システムにおいて酸化および塩素化することにより病原体を殺す重要な役割を果たします。 

次亜塩素酸はまた、電解と呼ばれるプロセスによっても生成することができます。 電気分解とは、非自発的化学反応を駆動するために直流(DC)を使用する技術の事をいいます。 特別に設計された電解槽では、NaCl(食塩)および水を通電することによって遊離塩素種の溶液を生成することができます。 酸化剤である次亜塩素酸(HOCl)および次亜塩素酸塩(OCl-)は、アノードで形成されます。 この溶液のpHが弱酸性〜中性である場合、遊離塩素溶液では次亜塩素酸が優位性を占めることとなります。 

次亜塩素酸塩は強力な酸化剤であり、次亜塩素酸ナトリウム(別名塩素漂白剤)よりも微生物病原体を殺すのに100倍効率的だといえます。 

新技術と研究 

消毒のための塩素の使用については、100年以上にわたって研究されてきました。 長い間、次亜塩素酸が次亜塩素酸ナトリウム(塩素漂白剤)よりはるかに優れた殺菌特性を発揮することは確かではありませんでした。 また、最も認知度の高い機関の1つが、殺菌剤としての塩素の使用を認めています。 White's Handbook of Chlorination. この本は、塩素と代替消毒剤における化学の有効性を説明する包括的なものです。 

私たちの課題は、次亜塩素酸ナトリウム(NaOCl-)ではなく、塩酸(HOCl)の分子が優位性を占める遊離塩素溶液を生成するシステムを設計することでした。 電解水生成のための電解槽の開発は、1970年代に革新的で画期的なものとして取り上げられました。 それ以降、安定した99%に近い次亜塩素酸を含む遊離塩素溶液を生成することができる電解槽の改良がなされてきました。 

最も最近、改善された点の1つは、膜細胞技術に代わる単一細胞技術の開発であり、これによって、中性に近いpHにおいて、1つの溶液流を生成することが可能となりました。  従来の技術では膜と高圧を用いて2つの流れを生成させることにより、不安定な次亜塩素酸の陽極液と不安定な水酸化ナトリウムの陰極液を生成させていました。 単一細胞技術の開発により、99%に近い安定した次亜塩素酸溶液を生成することができるようになりました。 

次亜塩素酸の使用に関しては、30年以上の研究成果が発表されており、毎年新しい研究内容に関する書物が出版されています。 最近の研究では、食品および食品加工施設を衛生的に維持するための次亜塩素酸の使用に焦点が当てられています。 また、養鶏場、水処理および消毒、ならびに創傷および装置殺菌などの医療関連の用途に関する研究も行われています。 

次亜塩素酸の使用に関する300以上の公開研究論文を検索することが出来ます。 

研究データベース 

眼と皮膚における安全性 

次亜塩素酸は眼や皮膚に刺激を与えません。誤って摂取したとしても害はありません。 安全性が確認されているため、食品の衛生管理や食品に接触する面に使用するのに理想的な消毒剤だといえます。 また、医療現場における創傷部分の洗浄や、点眼剤、並びに患者部屋の消毒に使用されている漂白剤、4級アンモニウム(第四アミン)などの有毒化学物質の代替品としても使用できる理想的な消毒剤だといえます。 

目と皮膚における安全性 

無毒で、危険性がありません 

濃縮された形で配布された衛生化学品は有毒で危険な可能性があります。皮膚に触れたり、煙霧を吸入することで、刺激を受ける場合があります。 こういったリスクは、次亜塩素酸には存在しません。電解水システムでは、食卓の塩および、水分、電気から、塩酸を生成することが可能です。また、個人用保護具を使用する必要は、一切ありません。 

全て天然であり非中毒性 

HOClはどのようにして微生物病原体を殺すのでしょうか? 

次亜塩素酸の分子はHOClです。この分子は、負に荷電した次亜塩素酸塩(OCl-)とは異なり、中性に帯電しているという点で独特です。では、なぜこのことが重要なのでしょうか? 

殺菌剤および微生物病原体は、磁石と同様に互いに作用しあいます。 2つの負に帯電した磁石をまとめると、互いを撃退します。 細菌および次亜塩素酸塩(OCl-別名、漂白剤)は両方とも負に帯電し、お互いに反発する2つの負に帯電した磁石のように振る舞います。 次亜塩素酸(HOCl)は中性に帯電しており、細菌によって反発されることはありません。 HOClは、細菌の壁を容易に貫通し、強力な酸化電位で最近を破壊するのです。 


なぜpHが重要なのですか? 

利用可能な遊離塩素(FAC)分子は、結合していない分子です。 利用可能な遊離塩素には、次の3つの形態があります:塩素ガス、次亜塩素酸、次亜塩素酸塩 摂氏25度の一定温度の状態で、pHが3未満であると、遊離塩素は塩素ガスとして溶液に残ります。 pHが7.5を超える場合、50%を超える(OCl-)次亜塩素酸塩となり、また、pHが14に向かって上昇するにつれて次亜塩素酸塩が増加します。 pH3とpH7.5との間では、遊離塩素溶液は次亜塩素酸(HOCl)によって占有されます。 

全て天然であり非中毒性 

次亜塩素酸(HOCl)の利点 

エコフレンドリー  エコフレンドリー 

HOClは塩から作られます。一旦不活性化されると、生理食塩水に戻ります。 

病原菌を殺すが非刺激性  病原菌を殺します 

HOClは強力な殺菌剤ですが、目や肌に刺激を与えません。 

赤ちゃんが使用しても十分安全です  安全性 

HOClは、赤ちゃんが個人的に使用しているものを消毒するのにも十分安全だと言えます。 

ほとんどの生地で安全です  ほとんどの生地で安全です 

HOClは、塩素系漂白剤に比べて生地に使用するのにはるかに刺激が少ないです 

 EcoloxTech
   Learn more about HOCl