生理学



次亜塩素酸は、よく知られた最も有効な殺生物剤の1つです。化学構造はHOClです。侵略してくる生物を殺し感染症を防ぐために、人間の免疫システムで生成されます。ヒト免疫系の白血球は、ミエロペルオキシダーゼ媒介性の塩化物イオンの過酸化により次亜塩素酸を生成します。白血球はこの自然酸化体を放出して侵入する病原体と戦います。

ミエロペルオキシダーゼを介した塩化物イオンの過酸化

創傷によりヒトの皮膚が破壊されると、有害な病原体がヒトの細胞に侵入できる入り口が生まれます。白血球の一種である好中球は、病原体が侵入している創傷の部位の血液中に移動します。侵入する病原体または感染がヒト細胞を脅かすと、身体の免疫系は細胞が害を与えられる前に病原体を破壊することによって応答します。侵入する病原体は、食作用と呼ばれる過程を経て白血球に巻き込まれます。一旦飲み込まれると、白血球は次亜塩素酸という酸化体を生成します。次亜塩素酸は殺生物剤であり、数ミリ秒以内に微生物病原体を死滅させます。この抗菌プロセスは、酸化的バースト経路と呼ばれます。

好中球による食作用
 EcoloxTech
   Learn more about HOCl